タチカメバソウ(立亀葉草)ムラサキ
別名:
撮影場所 茶臼山
花 期 5月〜6月

山地のやや湿った場所に生えるムラサキ科の多年草。 茎は直立し高さ15〜40cmほどになる。  葉は卵形で互生し、下部の葉柄は長く、上部のものは短い。 葉脈は主脈の部分がへこむ。葉は長さ3〜5cmほど。 枝先の花序に白色又は淡青紫色の花をつける。花冠は5裂し、径は1cm前後。 和名は直立して、葉が亀の甲のようだから。