コウヤボウキ(荒野箒) ツツジ科
別名:
撮影場所 幸田町、里山
花 期 9月〜10月
山地や丘陵地のやや乾燥したところに多く生える小低木です。白い筒状花が,10数個集まり、ひとつの頭花(とうか)を形成している。筒状花の花冠は5裂し,裂片はくるりと反り返っている。コウヤボウキの花は、雄性先熟(ゆうせいせんじゅく)、つまり、雄しべが先に成熟た後、雌しべが成熟することで自家受粉を避けている。和名は、高野山でこの枝を束ねて箒にしたことに由来します。