コオニユリ(小鬼百合)  ユリ科
別名:
撮影場所 伊吹山
花 期 7月〜8月

ユリの多年草で、日当たりの良い適湿の山地・草原などに自生しています。 オニユリ(鬼百合)に対してやや小型ですが 非常に良く似ていて、ちょっと区別がつきません。オニユリの方は山野に自生していますが、本来の自生ではなく、古く中国から食料として伝来したものが、野生化したものだといわれています。コオニユリとオニユリとの違いは、コオニユリの方が花はやや小型で葉も細く、オニユリのような茎に暗紫色の点や葉腋の珠芽(むかご)ができないことや、オニユリは果実が稔らぬ(ときには稔る)のに、コオニユリは多数の果実ができる点が違います。