ハグロソウ キツネノマゴ科
別名:
撮影場所 豊田市、飯森山
花 期 9月〜10月
夏緑広葉樹林の、やや湿った林縁などの半日陰に生育する。茎は高さ50cmまででまばらに分岐し、毛を散生する。比較的細いので、直立する力はあまり強くない。葉は対生し、長いものは10cmほど。表面には毛が散生し、主脈上には伏した毛がある。9月から10月にかけ、2枚の苞の間から淡紫色の花を咲かせる。葉状の苞は、脈上に毛がある。花は約2cmで上唇と下唇に分かれており、上下につぶれた形で薄っぺらく面白い形である。内側には赤褐色の斑紋があり、これを「お歯黒」に例えたのであろうか