ニリンソウ(二輪草)  キンポウゲ科
別名:
撮影場所 豊田市、飯盛山
花 期 4月〜5月

春に林のふちの土手などに群生する、代表的な春植物。 早春、大きな群落をつくって一面に群れて咲くさまは見事である。  根元から真っ直ぐ伸びた茎が、真中辺りに一ヶ所ある節の部分で2〜3本に枝分かれし、 それぞれの先端に直径2cmほどの白い花をつける。 イチリンソウ属の花はどれも花弁はなく、5枚のがく片が花弁のように見える。 和名は、花を二輪つけるところから来ているが、1輪や3輪のものもあり、 がく片の外側が淡い紅紫色のものもある。