キイジョウロウホトトギス(紀伊上臈杜鵑草 ) ユリ
別名:
撮影場所 豊田市、松平郷
花 期 9月〜10月
紀伊半島中部に分布。深山の崖に垂れ下がって生育し、花は筒状鐘形でやや半開、光沢のある鮮黄色の花を咲かせます。花の内側に紫褐色の斑点があります。と説明がありますが今ではほとんど自生種は見られ無いそうです、挿し木でも簡単に増やせるので栽培種として広く出回っています。ジョウロウとは気品の高い女官、貴婦人と言う意味でですから、気品のある花と言う事でしょうか、