ヒキオコシ(引起) シソ科
別名:エンメイソウ(延命草)
撮影場所 新城市、山里
花 期 9月〜10月

丘陵地や山地の日当たりのよい林の縁や道端などに生え、秋にシソのような花を咲かせる。茎が上部でよく枝分かれする。弘法大師が瀕死の重病人にこの草を煎じて飲ませたら、病人が起き上がったという伝説から、その名が付いたそうだ。苦味健胃薬として用いられたようで、エンメイソウ(延命草)とも呼ばれる。