イボクサ(疣草) ツユクサ科
別名:イボトリグサ
撮影場所 散歩道
花 期 9〜10月
田のあぜ、池や沼など湿地に生えるツユクサ科の1年草。  茎は下部で枝分かれして横に這い、上部は立ち上がる。  葉は互生して柄はない。全体に淡緑色でうす紅紫色を帯びる。  夏から秋にかけて茎の先や、上部の葉腋から細い柄を出して淡紅紫色の花をつける。 むかしはイボ取りに用いたのでイボクサ(イボトリクサ)と呼ばれるようである。