ゴゼンタチバナ(御前橘) ミズキ科
別名:
撮影場所 木曽、駒ヶ岳
花 期 6〜8月
亜高山帯の林内に生えるミズキ科の多年草。高さ7〜15cm、葉は茎の上部に6枚輪生状につき、その中心から1本の花柄を直立して白い花序をつける。  花弁のように見えるのは4枚の総苞片で、その中央に小花が集まっている。花弁4、おしべ4、雌しべ1で、球形の果実は熟すと赤い。 総苞を含む花序の直径は18mm前後。  和名は、御前橘で、実をカラタチバナにたとえ、加賀の白山の御前峰の名をとったもの。