チングルマ(稚児車) バラ科
別名:
撮影場所 木曽、駒ヶ岳
花 期 7〜8月
草本のように見えるが、地面を這う落葉低木。7月から8月にかけ、直径2cmほどの白い花を咲かせるが、黄色い雄しべが多数あるので遠目には薄い黄色に見える。開花している状況を見れば、湿原の中から乾燥しやすい砂礫地に生育しているように見え、多様な立地に生育できるように思える。しかし、チングルマは代表的な雪田植物の一つである。高山帯や亜高山帯の地形的に緩やかな凹地では雪がたまりやすく、遅くまで雪が溶けずに残る。雪が消えるとその直後から植物たちは生長を開始し、花を咲かせるのである。チングルマは落葉性なので、雪が消えてからある程度の生育期間が必要であろう。