ツユクサ(露草)  ツユクサ科
別名:
花 期 7月〜9月

やや湿った空き地や路傍などに生育し、節から根を出しつつ枝分かれして広がる。夏の早朝、朝露にぬれながらきれいな青い花を咲かせるのでツユクサ(露草)という名前がついた。貝殻のような形の2枚の苞(ほう)の中にいくつかのつぼみができてひとつずつ伸びて花が開きます。花の形は花びらが3枚で、2枚は大きく円形ですが、1枚は小さく独特な形になっています。青い花の汁は、昔から布地に下絵を描くのに使われていた。