ハンゲショウ(半夏生) ドクダミ科
別名:
花 期 7月
水辺や湿地でよく見られ、草丈60-100p初夏の頃、花が咲き、花の時期になると葉が白くなりますが、花が終わるとまた緑の葉になります。草全体に臭気があります。“半夏生”とは太陽の黄経が 100 度になる日で、夏至から11日目(7月2日頃)です。植物としての“半夏生”もこの頃に花をつけるからこの名前になりましたとか、また別の説では,花に近い葉っぱの一部が白くなり花よりも目立つので、“半化粧”だともいわれます。