ナルコユリ(鳴子百合) ユリ科
別名:
花期 5月〜6月

山の林や草原のどちらかと言えば薄暗いところに生える多年草。茎の長さは50〜90cmほどで、上部は弓状にたわむ。葉は披針形〜卵状披針形で長さ8〜10cmほど。表面は濃緑色で裏面は白色。花期は初夏。葉腋から花柄を一節ごとに下向きに出し枝分かれし、その先に緑白色で長さ2cm内外の筒状の花を2〜5個鳴子状に下垂させる。花筒は先の方が色が濃く、先端が6裂し緑色を帯びる

近似種にアマドコロがありますが・・・ナルコユリの茎は円柱形であるのに対し、アマドコロの茎は 明らかな稜角が6個ある。茎に触れたときの感触の違いとなり、前者はつるつるしており、後者はでこぼこしている。