ママコナ(飯子菜) ゴマノハグサ科
別名:
花期 6月〜8月
山地の林縁などに生える半寄生の1年草で、高さ30-50pになる。葉は対生し、長卵形で先がとがる。枝先に総状花序を出して多数の花をつける。葉状の苞は刺状の鋸歯があるのが特徴。花は長さ14-18oの唇形で、下唇に白い斑点(突起)がある。