ヒメヤブラン(姫藪蘭) ユリ科
別名:
花期 7月〜9月
日当たりのよい野原などに生える常緑の多年草。葉は根生し、長さ10〜20cm、幅2〜3mmの線形。花茎は葉よりも短く先に淡紅紫色の花をつける。果皮が成長の途中で萎縮してしまうため、種子は露出して熟し、球形で黒紫色になる。名の由来は 小さくてかわいいヤブランに似ているからの様です。