ボタンヅル キンポウゲ科
別名:
花期 8月〜9月
日当たりの良い山野に生育し、ほかの木を覆い隠すように白い十字型の小花が群がって咲いています。その様子は、花の衣装をまとったようで、遠くからでもよく目立ちます。葉は牡丹のように切れ込みのある小葉が3枚で1セットの複葉からなり、それが対生しています。冬になり雪を被ると、もう一度花が咲いたように見事な姿になります。よく似た花のセンニンソウは、ボタンヅルの葉ように切れ込みの入らない卵形の葉です。