キョウチクトウ(夾竹桃) キョウチクトウ科
別名:
花期 6〜9月
一重や八重、大輪など、多数の園芸品種が作出されており、これらの花が多数集まって花序を作っています。キョウチクトウ(夾竹桃)の葉は、光沢のある緑色をしており、細長く、葉の付き方は輪生です。公害にも耐えるので、街路樹として植えれています。民間療法では、キョウチクトウ(夾竹桃)は打撲への薬効が知られますが、反面、心臓発作や下痢、痙攣などを引き起こす毒性の強い植物でもあります。